駄目社員はむの日記

USO800 certified.

今日という日。

朝。

6時過ぎ起床。
今日はライブの日。異端審問官に一矢報いたい。

午前中。

細部修正してから、定時現場。

  • オサーカの夏フルシーズンはきついな。フル出場は10年以上ぶり。
  • 色々やりとりありつつも、だいたいToDoを終える。

昼。

カラッと晴れた。否、ジメッと晴れた。
梅雨明けかもね。

ぐる。

「パレスチナに観光を」 直行便の就航控え 説明会 | NHKニュース
おう、イスラエル旅行の際、Bethlehemの生誕教会行ったぞ。
パレスチナに渡るボーダーでは、ジャパンパスポートの威力を思い知った。強面の兵士にタクの内側からチラ見せしただけで、にこやかに通してくれたことを覚えている。
パレスチナ側はイスラエル側に比べると下水道・ゴミ処理が壊滅的に
#なっていないので、臭う場所が多いが、見どころが多いのはホント。



【ミリシタ】ジュリア 流星群 特別版MV【プロローグ・ルージュ】
アイマスシリーズもすごい時代を迎えてしまったもんだ。ちゃんとエレキギター弾いてるっぽくなってきた。
アーケード時代のアイマスは、のっぺらぼうに顔が描かれた棒人形がカクカク動く恐怖の映像だった。まさに隔世の感。そのうち、3Dのキャラがエレキギターの物理モデルを弾いて音を出すようになるんじゃないか。


全天周囲モニター・リニアシート - Wikipedia
最近は乗用車のバックカメラってすっかり一般化したけど、ここまでくれば真後ろだけじゃなく、全面見渡せるようになるべき。
「全天周囲モニター・リニアシート」は、自家用車にもいいと思うな。空間が外界と区切られず、宙に浮いて路上を疾走する感覚で運転するのはアリだと思う。メットかぶらず風を受けずにバイクで爆走しているようなもんだから、120km/hとか出したらスピード感出すぎて恐怖かもしれず。Immersive driver’s seatかな。
#あとステレオ5.1chで外音も再現ね!

今日という日。

朝。

6時起床。リブート数回。眠い。

  • NHKラジオ第一、選挙結果の話しかやってない。結果に興味がない。仕方ない、ラジオ第二で基礎英語2だ。
  • 昨夜は1時ぐらいまで脳内であれやこれやとストーリーを揉んで枕もとのメモ帳に走り書きしてたけど、僕が魔女裁判の自己弁護のためにそんなにがんばる必要はあるのか?

午前中。

ミーティングハシゴで終了。

昼飯食いそびれ。

今日は早く帰るんだよもん。

19時半。あ。

何があったんだ。

夜。

  • 僕は関ハムが大好きだ。温気(うんき)あるハムたちの濃ゆい空間。ハムフェアより楽しみにしている。
  • 年一回、関ハムのブースでだけお目にかかる人も多い。でもいつも喋ってるような気持ちでゲラゲラ笑い合える。

スタッフのみなさん、今年もありがとうございました。

悪意に悪意で向き合うな。胸を張れ! by 三宅日向

21時過ぎ帰宅。

  • オサーカ現場は、個人技というか個々のアビリティの異常な高さに支えられて何とか成立しているところが大きい。アホが2人も入ってきて業務妨害したら破綻だとおもう。
  • 自分の狡さが、相手の狡い虚像を作り上げる。それが自分を苦しめ、他人に対する嗜虐性を高めていくく。だから、まず自分が清廉潔白たれ。悪意はスルーするか、やわらかくはね返せ。

NSB専用ポケットラジオICR-N1で、ラジオNIKKEIを聴いてみる。

昨日の関ハムで、ポケットラジオをいくつか格安で入手してしまった。その一つが、ソニーのICR-N1。「NSB専用ラジオ」だ。

NSB・・・旧名「ラジオたんぱ」、現在は「ラジオNIKKEI」と名乗っている。
ご参考:日経ラジオ社 - Wikipedia


まあなんというか、「(旧)ラジオたんぱを聴くだけのための、名刺サイズポケットラジオ」を作るあたり、技術系幹部たちがラジオをこよなく愛していたソニーだけのことはある。
ネットの速報性なき90年代以前、こいつが株式や競馬用に活躍していたのだろうか。今となってはメニアーックな代物。

受信する周波数は6波のみ!

NSBは昔から、第1放送・第2放送で3MHz帯、6MHz帯、9MHz帯それぞれ1周波数ずつ流れていた。*1
ラジオNIKKEIの聴き方 | ラジオNIKKEIによると、現在、第1放送は終日6055kHzで3925kHzは朝晩だけ、第2放送は朝~夕方が6115kHz/夜が3945kHzと役割分担となっており、9MHz帯は緊急時を除き休止中だそうだ。
したがって昼間は、6MHz帯の2波が聴取可能、ということになる。


でこのNSB専用ラジオ、フツーの短波ラジオと違って、チューニングできるのは本当にこの6周波数だけだ。周波数固定なので、周波数安定度のことを気にする必要もないのだろう。
実際単4電池を挿して電源を投入してみるも、さすがに屋内でバーアンテナではカスカスしか入感しないようだ。短波なんだから、鉄筋コンクリートの屋内じゃそうなるわな。

ICR-N1のスペックを確認する限り

2.5φのイヤホン端子と、内蔵されている(多分)短波用のバーアンテナで聞くのだと思う。クリスタルチューニングらしいので、ドンピシャな周波数の水晶がそれぞれに入っているのだろう。わざわざPLLで吐いているとは思えない。ある意味、究極のアナログチューニングラジオといえよう。

●6個のクリスタル内蔵で、ラジオNIKKEI第1/第2全6波をワンタッチ選局
●胸ポケットにすっぽり納まる、薄さ15mm
●パワーONの約90分後に、電源が切れるパワーオートオフ機構
●外部アンテナ端子付
●φ2.5mm超ミニイヤホン端子

ご参考:ICR-N1 | ラジオ/CDラジオ・ラジカセ | ソニーICR-N1 主な仕様 | ラジオ/CDラジオ・ラジカセ | ソニー

んー・・・ん?「外部アンテナ端子」ぃ?

・・・うせやろ、薄っぺらい「名刺サイズラジオ」だぞ?
取扱説明書ダウンロード | サポート・お問い合わせ | ソニーによると、「電池ケースを外せ」という。まーたまたー(汗

わ、あった!

モビホをつないだら・・・本当にアンテナ端子だった。

わ、6055kHzがガンガン入感。

おお、これはロングワイヤーアンテナじゃ!

*1:第1放送3925, 6055, 9595kHz、第2放送3945, 6115, 9790kHz

高圧絶縁用テープ「エフコテープ」の、1号と2号の話。

エフコテープとは


本来は電気設備関係で多用されており、我らアマチュア無線家も同軸ケーブルまわりの絶縁や防水にとってもお世話になっている古河電工の「エフコテープ」。いわゆる自己融着テープの代名詞的存在だ。適度に延ばして巻くと、ビニールテープとは別格の防水性が得られ、剥がしてもべたべたにならない。1巻500円前後で売られている。
エフコテープには1号と2号があり、1号がブチルゴム単膜でねちょねちょだけど巻きやすい一方、2号が2層構造(PE/ブチルゴム)になってて硬め。


巻き易さは単膜のエフコ1号がはるかに上なので、楽な方(1号)だけぐるぐる巻いて防水OK!と満足しきってるアマチュアは結構いるけど、本来の使い方(=防水・耐候性+電気的な絶縁性を確保する)は、「2号だけ巻く」 or 「巻きにくい部位には1号を巻いて、その上に2号を巻く」がセオリーだ。


ご参考:
高圧絶縁テープ「エフコテープ2号」 : 電気絶縁テープ : エフコ製品 : 製品情報 : 古河電工パワーシステムズ株式会社
絶縁性充填材「エフコテープ1号」 : 電気絶縁テープ : エフコ製品 : 製品情報 : 古河電工パワーシステムズ株式会社

エフコ1号のページを、よく読んでほしい。

用途 各種ケーブルの接続部や分岐部で段差が大きくエフコテープ2号が巻きにくい部分への充填用。
特長
完全自己融着 エフコテープ2号の粘着層と完全に融着一体化します。
充填し易い硬さ 指で簡単に成形でき、小さな力で細部まで充填できます。
(注)本テープは充填用絶縁材料です。必ず、エフコテープ2号を上に巻いてください。
(注)エフコテープ2号で必要な絶縁性能を確保してください。

ページ中にもあるが、1号は「絶縁性充填材」であって、本来の「高圧絶縁テープ」は2号なのだ。もっというと、「自己融着テープ」は2製品のうち1号だけを指するのが正しいのだろう。


古河の電気用テープ(古河電工)
セレクションガイドも読んでおこうね。

今日という日。

8時起床。

頭がズキズキする。疲れてる以上に不調だ。

午前中。

  • 頭は痛いが、仕事かいし。
  • お願いマッスル、メチャモテたーい!(耳の奥)

昼。

カレー食う。外出する元気がなくて、業務いっぱいで、食料在庫から何とかするとなると、炊飯+レトルトしかなくなる。

午後。


昨日の関ハムでげと。各@10円。今じゃ、現存するHP200LXユーザーだけだよ、これに歓喜できるの。2001年のSundisk製256MBアリガテェ。
#そういえば、PCMCIA Type IIを読み書き可能なPCがないぞ(汗

夕方。

明後日の魔女裁判にてわずかにでも自己弁護すべく、半日プレゼン描いてた。
まとめてると業務整理・ブレインストーミングになったりもするから、たまにはにいい。

夜。

結局零時半過ぎまでうんうん唸ることに。

今日という日。

朝。

5時半過ぎ起床。
体調的には、ねてたい。
ぼーっとしていると、時間経過とともに外出モチベーションが不可逆に失われていきそうだよ。

関(サ)ハムニダ。

  • 0745最寄駅。行こう、所詮血塗られた道だ。
  • ジャンク量保存の法則。
    • 関西圏に存在するRF関係のジャンクは、年二回尼崎と池田によって位置を変えるが、総量は常に保存される。
  • 個々のジャンク、買った瞬間には結構準位高いんだけど、その後無輻射失活しちゃうのよね。それこそ、光を放つこともなく。

8時半、会場入り。

現地で毎度大騒ぎ。
もちろん10時開場なんて無視でお外のジャンク市は始まっている。
軽くぬかるむも、時折小雨程度。

程なくして龍一さんと合流。

だいたい毎年会場でお目にかかる。
そしてRFヲタにはスルーされるようなパーツをも、毎回ゲットして帰るのだ。


だいぶ真空管は減ってきたな。
でも意外な素子が載った基板や、使いどころによってはバッチリ使える部品が、とんでもなく安く手に入ったりするので侮れない。

ジャンクアサリは関ハムの華。


10時、さらに会館内部開場。もちろん屋外のフリマも面白いのだが、屋内の電子部品やジャンク類もなかなか安くて素敵なものがいっぱいだ。


クーラーがかからない屋内、熱気と混雑すさまじい。これは毎年のことですが。濃い同類のおっちゃん方とゲラゲラ笑いながら買ったり買わなかったり雑談したりを繰り返すのだ。

午後。

正午過ぎ龍一さんとお別れ。
色々情報ありがとうございました。そろそろオフミしましょう。

13時半現地発。

今回は梅雨明け前で、曇りで済みました。
去年は40度寸前まで行ったが、今年はムシムシしてるけど30度越え程度。

最寄駅帰着。

  • 頭がボーッとする。体調なお良くないのだ。
  • 散髪。僕の頭なんざQBでバサバサ落とすだけで十分だぜ。
  • やよい軒突入。


そして、高槻やよいモードに突入。

16時帰宅。

疲れてる。というか体調もうちょい戻したい。

今季の最凶OPはこれで間違いない。切れてるよ!!
#というかウルフルズ調どストレートよね。

夜。

そろそろ、自分がジャンクを放出する側になりつつあることに気づいてはならない。