駄目社員はむの日記

USO800 certified.

IC-731

一旦終了。あとCI-Vで実用性アップ。

周波数関係をあちこち調整。 というわけで、スタンドアロンで動く周波数カウンタもできたし、心置きなくIC-731の調整を継続する。 MAIN UNITであれこれ。 キャリアポイント調整。R158にカウンタを当てる。C197がCW-TX、C201がCW-RX、C203がLSB、C207がUSBの…

IC-731のバックアップ電池を交換。

入手してほどなく、バックアップ電池が切れた。 バックアップ電池が切れると、周波数やメモリが電源投入毎にリセットされて、悲しい。 実用上問題はないが、実に悲しい。 そこで、バックアップ電池を取り替える。 オリジナルはリード線付きCR2032リチウム電…

IC-731 3号機? メンテナンスはじめ。

故あって、半分ジャンクなIC-731がうちに来てしまった。 お気に入りのリグなのだが、何台もあってもなぁ(嬉) なんとなく受信動作はしている。いろいろ気になることはあるけどね。 ホテルジッカにて拾ってきたパーツ を使ってぷちアップグレード済み。 オプシ…

IC-731ふたたび。

しばらくぶりに使い始める731がいくつか問題。 強い信号で受信音声がひずむ→これはPLLのVCOに使われるトリマコンデンサが腐るためらしい。数度回して復活するケースもあるらしいが、ダメならVCOの入ってるシールド(缶詰)を開けなければならない。 バックアッ…

夜。

全力部屋片付け。 部品取りのIC-760を納戸で発見。ようやく見つかった。 あちこちスペアパーツとして外されており残骸状態。そっからFL-32とキーヤー(エレキー)ユニット(IC-EX243相当)をとっぱずす。 そしてIC-731に取り付け。これで実用上ほぼフルOPに。 何…

午後。

買い物しません。雨降りそうだし。 リグのロータリーエンコーダ直してたりします。勝手知ったる何とやら。 と思ったら15時半ごろからしっかり降り始め。 IC-731用にCWフィルターをどっかからふんだくろうと思ったが、731の純正フィルターはFL-32(or FL-32A)…

IC-731Sメインダイヤル(ロータリーエンコーダー)修理。

しばらく懸案だったものを実行。 それぞれ不調だったICOM IC-731とIC-731S。その”悪いところどり”により、残骸どうしのニコイチになった不幸な生まれの10W機。 少しずつメンテしていたが、RSコンポーネンツに注文してたパーツが届いたので実行。モノはSHARP …

IC-EX243互換基板を作る(3)

となれば、IC-731Sに入れてやるぜ。 基板をちょうど良いサイズに折り、プラ製スペーサーをかましてマウント。GNDはネジを介してケースアースを接続。 なおエレキーの速度については、結局トライアルアンドエラー。330kΩをPOTに直列に入れてやることで、ちょ…

IC-EX243互換基板を作る(2)

さて、昨晩の続き。 まずは基板を作る。 The NorCal Keyerのマニュアルどおりに作ってみた。 こいつはMEMボタンとパドル操作でいろんな機能を設定することができるのだが、ここではVRで速度を上下するだけの単純なエレキーとして動作してもらいたい所だ。 実…

IC-EX243互換基板を作る(1)

うちにあるIC-731Sには、エレキーが内蔵されていない。 当時のリグは、エレキーがオプションor非内蔵ということが割と普通だった。 そのエレキー基板(IC-EX243)だが、当時妙に良い値段*1したので、買った人は少ないはず。そして生産中止後20年も経った今、そ…

めも。

ICOM IC-735 Product Reviews eHamの評価。 Review: Icom IC-735 標準CWフィルターは今一つなのかな。 #問題点のひとつは、CWFが入るとPBTが効かなくなることなのかも。 Technical Support Knowledge Base(ICOM America) ナレッジベースでIC-735をあされま…

その後

IC-731Sに、JA-2パドルと外付けエレキー装備。 PBTを左に回しきれば、CWFのような切れは無いものの、帯域は狭まる。気休め以上には、フィルター代わりに使えるだろう。 とはいうものの、CWF (FL-32A)が欲しい。

めもめも

Home :: Radio Interfaces :: IC-EX243 px 貴重な*1IC-731内蔵キーヤーの代用品なんて代物らしい。よく考えるわなぁ。 IC-731にエレキーを組み込む この手でいいですよね。 IC-731Sに350HzのCwFilterを取付け! IC-731 350Hz CWフィルター IC−375に…

PBTの中心周波数の調整。

上記の入手経路のあやしげなサービスマニュアル。48ページ目に、PBTの調整方法記述がある。 MAIN UNIT(本体ケース下側)のR332の周波数を読みながら、L78(PBT ADJUSTMENT)をいじれとのこと。 PBTをセンターに合わせてUSB(or LSB)モードにする。9.46650MHzにあ…

めもめも。

アイコム株式会社 | サポート情報 | 取扱説明書 ダウンロード IC-731の正規マニュアルをおとしておく。 サービスマニュアルがあるとだいぶラクなんだけど、回路をあたっていじれないこともあるまい。 Classic Icom 怪しげなのは発見(汗 ここのサイトの中に…

こんなリグをジャンク扱いで格安入手しました。

くらいところだとちょっとかっこいいです。 ICOM IC-731S。1980年代半ば頃のHF機。10W機です。 ざっとチェックしてみたところ 状態は、年代の割には外観が比較的良好。内部に錆が見られず、外装に傷も少なく、通称カンガルーポケットも壊れていない。 CWフィ…

○IC-731。小型機の、名機。

名機として挙げる方がいるが、なるほど受信性能についてはまずまず納得できる。80年代中盤のローエンド機では、YAESU FT-757, KENWOOD TS-440との戦いで明らかに受信性能で数歩リードしていた。 ただ”小型機の名機”といえいささか過大評価であり、実際の受信…

某所で先日「ICOMのIC-731の中古を今買うのってどう?」という質問を受けた。

迂闊にもブログに上げると約束してしまったので、賛否あるでしょうけど、独断と偏見で書きます。 Web上ではOM諸氏のべた褒めな評価が割と多い気がするけれど、総合的にはどうでしょうね。貶すつもりはないけれど、少なくともハム歴20年程度の僕にとっては「…